ANAのクレジットカードを作る前に知りたいメリットデメリット

ANAのマイルをもっと貯まりやすくするためには、ANAが発行するクレジットカードを持つのが1番だといえるでしょう。では、そのANAのクレジットカードを作る際のメリットとデメリットについて、これを作る前に知っておきましょう。

ANAのクレジットを作ればマイルが日常から貯まりやすくなる!

ANAのクレジットカードを作ることで1番のメリットは、日頃の買い物でもマイルが貯まるということです。厳密には、直接マイルが貯まるのではなく、ポイント(ほとんどのクレジットカードについている、購入金額に応じて加算されるクレジットポイントのことです)を貯めて、それをマイルに後から交換すれば(インターネットで手続き可能です)いいのです。

こうすれば、わざわざANA、そしてスターアライアンスに加盟する航空会社のフライトに乗らなくても、日常生活でANAマイルを貯めることができます。ですので、日頃から、小さな金額でもANAのクレジットカードを使って購入すれば、自然とマイルは増えます。

他にはメリットとして、

ベーシックなものであれば、比較的簡単に作りやすい
年会費は2,000円程度(初年度年会費無料)のみ発生

これらのメリットを考えると、入会にしり込みする人は多いのです。

ですから、入会する人もある程度(平均前後の)収入がある人が自然と入ってきますから、審査を厳しくせずともそういう人が集まります。ですので、入会基準もそこまで厳しくないというのが特徴です。

実はあまり知られていないANAクレジットカードの落とし穴

もちろん、ものにはメリットとデメリットがあります。ANAのクレジットカードにもデメリットはあり、このデメリットの1つが、海外旅行保険はついているのですが、ほとんど補償されないということです。

今や年会費無料のクレジットカードでも海外旅行保険は、自動付帯のものもあるほどなのですが、ANAの場合、利用付帯のカードです。しかし、何に対しても保証されるわけではなく、言ってしまえば、旅行先で亡くなった時にしかお金は支払われません。

しかも、利用付帯ですから、現地へ行くまでの往路の交通費の一部をこのカードを使って払っていなければいけないので、もし払っていなかった場合には、1円もおりません。利用頻度が高いとされるケガや病気がった場合の入院費用などは支払われません。

また、年会費があるのも小さなデメリットの1つでしょう。初年度は無料ですが、2年目以降は2,160円かかります。ただ、先述したように、日頃からこのカードを使ってマイレージを間接的に貯めて、その内フリーチケットを購入できたりすれば、この年会費はデメリットにはならないでしょう。

ANA人気の理由TOP