ANAのフライトをアップグレードするってどういうこと?どうすればいいの?

よく聞く「シートのアップグレード」、これをANAデモすることができます。そのアップグレードどはどういう意味なのか、アップグレードをするにはどうしたらよいのか、その方法などをここでじっくり学びましょう。

ANAのフライトをアップグレードするってどういうこと?どうすればいいの?

ANAのフライトに乗る際はいつもエコノミーだけど、ちょっとは違ったクラスにも乗りたいなと思うことは皆さんあるでしょう。そんな時には、エコノミーのチケットだけども、アップグレードという方法で、クラスを変更することができるので、その方法などをご紹介しましょう。

ANAのフライトの座席アップグレードするにはどうすればいいの?

エコノミークラスの航空券を購入して、ANAのフライトをビジネスクラスにアップグレードするという時に必要になるのは、マイレージです。ANA、もしくは同じアライアンスのマイレージを貯めればできることなのですが、この際の注意点は、どんなエコノミークラスの航空券でもできるというわけではありません。

必ず、エコノミークラスであっても、決められたクラス(エコノミークラスでもいくつかのクラスに分かれています)以上(国際線ならG/E/Y/B/M/U/H)のエコノミーチケットを購入していることが条件となります。

また、エコノミークラスからファーストクラスへのアップグレードもできません。これをするには、1番簡単なのはANAのサービスセンターに電話してやってもらうことですが、インターネットでももちろん可能です。

しかし、インターネットでやる場合には、ANAのキャリアナンバーである205からチケット番号が始まるもののみしかできないので、それ以外はまずはサービスセンターに問い合わせましょう。

アップグレードには何マイル必要か、ラウンジは使えるの?

結論から言うと、アップグレードには、国際線になると、その距離によって必要なマイル数が異なります。近場(0~2000マイル以内ですので、韓国などがこれにあたります)であれば、片道12,000マイルから可能です。

さらに、北米などに行く際には、片道25,000マイルと、行先によってマイル数はかなり異なります。行く場所が何マイル離れた場所かわからないというのであれば、ANAに直接連絡して、〇〇に行くには、何マイルあればアップグレードができるかを尋ねましょう。

そして、気になるのは、飛行機のシートはビジネスクラスにアップグレードされるけども、チケットはエコノミークラスのものだから、エコノミークラスと同じような条件になるかどうか気になりますよね。アップグレードの場合、すべてがビジネスクラスに同じ扱いになります。

例えば預け荷物の量も、エコノミーより多い量が許されていますし、もちろん、ラウンジだって使用可能で、優先搭乗もさせてもらえます。預けた荷物も到着地で早く出てくるなど、出発前から到着後まで、快適な旅行を楽しむことができるのです。