ANAのアライアンスは何か、どんな航空会社があってどんなメリットがあるの?

ANAマイルを貯めるためにも覚えておいていただきたいのが、ANAのアライアンスです。同じアライアンスのフライトに搭乗すればANAマイルを貯めることができます。ANAはどのアライアンスに加盟し、どんな航空会社が他には加盟しているのでしょうか。

ANAのアライアンスは何か、どんな航空会社があってどんなメリットがあるの?

よく「アライアンス」という言葉を聞きますが、今更どういう意味か聞けないという方、ANAのアライアンスとは何か、そして、どんな航空会社がそれに加入しており、アライアンスを組むことによって、私達にはどんなメリットがあるのかをご紹介しましょう。

ANAはスターアライアンスの一員!そして、気になる他の航空会社は?

まず、アライアンスというのは、いくつかの航空会社でまとまって作られているグループのことです。こういったグループを作ることによって、例えば共同運航便というものが可能になります。

1つの航空会社で1回のフライトを出すと、コストはかなり掛かりますが、同じアライアンス内で、共同運航便として出せば、色々なコストが削減できると同時に、私達も航空券代金を安く購入できるというメリットがあるのです。

そんなアライアンスですが、ANAは、スターアライアンスというものに加盟しており、大きなアライアンスとなります。ANA以外にはどんな航空会社が加盟しているのかというと、アメリカのユナイテッド航空や、世界的にも評価の高いシンガポール航空にタイ航空、アシアナ航空、それに、ヨーロッパではルフトハンザ航空など、なんと28航空会社も現在では加盟しているのです。

特に、アジアはもちろん、ヨーロッパ系に強いアライアンスとして知られているので、ヨーロッパによくご出張やご旅行に行かれるという方は、このアライアンスのマイレージカードを持っていると便利です。

同じアライアンスの航空会社に乗って何かメリットはあるの?

アライアンスに加盟している航空会社を知って何がお得なのかと思っている方も多いかもしれません。ですが、これが大いにお得なことなのです。というのも、ANAのマイレージカードを持っているのであれば、同じアライアンスの航空会社のフライトに乗った際には、ANAのマイレージカードにマイルを加算することができるからです。

つまり、ANAのフライトに乗らなくても、ANAマイルを貯める(幻滅にはANAマイルと言えないのですが)ことができるというメリットがあるのです。ANAカードに同アライアンスの搭乗マイルをすべて貯めることによって、トータルマイレージ数は1つになります。

そのため、ANA便を使ってアップグレードするという場合でもこのマイルが使えます(ただし、同アライアンスの他航空会社のマイルかANAの直接のマイルかというのはシステム上はっきりと分けられているので、ANAに電話してアップグレードするのではなく、他航空会社に電話しなければいけないという手間はあります)。

もちろん、貯まったマイルが多ければステータスも上がるので、同アライアンスのそれぞれの航空会社のラウンジを利用することもできます。