ANAのフライトに赤ちゃんと同乗する時にはどんなことをすればいいの?

特に初めてのお子さん、そして、初めて赤ちゃんと飛行機に乗るといった時には、今までとはまったく勝手が違ってきます。では、ANAのフライトに赤ちゃんと同乗する時にはどんなことをすればいいのか、そして、ANAはどんなサービスをしてくれるのでしょうか。

赤ちゃんがいる時は、バシネットとベビーミールの申請をしよう

ANAの国内線であろうが、国際線であろうが、共通して前もってやっておくことは、バシネットを申請するということです。バシネットとは、赤ちゃん用の簡易ベッドなのですが、ちょうど、飛行機のメインスクリーンがある前方の席にしかこれを設置することはできません。

なぜなら、壁にはめ込むタイプのものだからです。しかも、数に限りがありますので、これは前もって予約しておくことが1番です。そうすれば、赤ちゃんをずっと抱っこしている必要がありません。ただし、体重は10kgまでと決まっていますので、それを超える場合は使用不可となります。

また、国際線の場合は、機内食が出てきます。ベビーミールというのが赤ちゃんにはあるのですが、これには2つタイプがあり、乳児タイプ(離乳食が始まった頃のもの)でドロドロのもの、もしくはそれよりも固形の物がありますので、どちらかお子さんに合ったものを選びましょう。

ただし、味付けは濃い目になっていますので、心配であれば、作って持参した方が良いですし、予約の手間も省けます。

赤ちゃんとのフライト、ANAではどんなサービスをしてくれるの?

赤ちゃんとのフライト、乗る前からとにかく親の方がナーバスになってしまいますよね。ですが、ANAの場合は大丈夫です。他のお客様のことももちろん考えていますが、お子さん連れのお客様が大変なことはよくわかっているので、何度も足りないものはないかなどの確認をとってくれます。

また、国内線でも国際線でも、必ず子供が喜ぶようなおもちゃがいくつか用意されていて、選ばせてくれます(赤ちゃんの場合は選べないと思うので、親御さんが選んであげます)。また、出来る限り他のお客様にも迷惑をかけたくないというのが赤ちゃん連れの方の心理ですよね。

ですから、ANAでは、できるだけ赤ちゃん連れのお客様は、前の方のシートにして、親御さんが赤ちゃんが泣いた時などにも動き回れるようにしたり、親御さんも、周りに多くの人がいることで迷惑をかけないようにしないと、というナーバスな気持ちにならないような席が用意されています。

さらに、気づいた時には子供に水分を勧めてくれたり、子連れでも快適な旅ができるのが、ANAのメリットとなります。

ANA人気の理由TOP